ねこ本いいよね。

投稿者: | 2017年9月5日

a10a5c46ccef710331e8eb14030b438d_s

 

私には、最近だけど創作系の趣味があって。

仕事は今のところ在宅のWEBデザイナー、というのだろうか、これからプログラミングもしていくつもりだけれども。

で、まあ仕事のほかにイラスト、絵画、作文なんかの趣味がある。

マンガもそうかな。

 

いま私は仕事がすごく乗っているときで、もうトイレに行く暇がないくらい忙しい。

まあ在宅でのんびり仕事さしてもらっているのだから、大変ありがたい。

 

で、今の仕事が一段落したら、きっと自分はまた、創作の世界に帰ってくると思うんだよね。

今はいろんなパワーが仕事に向いているけど、休みをもらえばきっとそのパワーが趣味に向かう。

今はむしろ趣味をセーブしているというか、始めるととことんやるタイプなのでね。

 

今までは、なんとなく散漫と、ぼんやりしたイラスト、ぼんやりした絵、ぼんやりした小説を描いていたけれど、きっと次に趣味に戻ったら、自分はなにか、ネコに関することを選ぶと思う。

というのも、最近仕事でベタベタに疲れたとき、いわゆるねこ本? 猫の写真集をぼーっとしながらめくっているとすごく自分が癒されることに気がついた。

もうね、理屈とかじゃなくて、ただもうひたすら、文章のない、できれば眠そうな感じの家猫のリラックスした感じの写真がいっぱい載っているようなの、それがよくて。

 

だからこれから自分が趣味を、本当にやりたいことを、ライスワークではなく、心を生かすため、自分が生きるためにする趣味をするときに、変わってくるだろうなって。

猫の写真を取るかもしれない。猫の専門のイラストを描くかもしれない。猫ばっかりの絵画を描くかもしれない。猫がしゃべるセカイの小説を書くかもしれない。

「なにが君の幸せ、なにをして喜ぶ、わからないまま終わる、そんなのは嫌だ」

アンパンマン的に言うとね、その片鱗が、自分にとってはネコなんだなと。

そしてたった一つそれを見つけられた自分は、きっともうすごく、幸せ者なんだなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*