アレルギーでもネコを飼う

投稿者: | 2017年9月6日

4e2ac49423bac9bce66f44000539936e_s

……ヤヴァイ、このくろねこ、めっちゃかわいい。

いま同じ仕事をしている方のまだ小さいお子さんが、アレルギーがあるようで検査して本日入院していたのだとか。

アレルギーはもう、自分の意思とは関係なく起こるからね。

私だって「ネコ命!」なのに猫アレルギーだし。

なんとも難しい愛憎関係よね。

お子さんが小さい場合、そしてそのお子さんに猫アレルギーがある場合、どんなに猫が飼いたくても、ネコを飼ってはいけません。

「いやでも気をつけるし、うちの子はそんなにアレルギー強くないし」とか、そういう話ではないんですよ。

たまにいるんですよね、そういう責任感の全くない親。

まず子どもはアレルギーで苦しむ。そして子どものアレルギーが酷くなったら、今度は平気でネコを保健所に連れて行くんです。

それくらいなら、ネコを飼う資格もないし、飼うべきではない。

そういう判断ができないことが一番問題なんです。

 

「それでもどうしてもネコを飼いたい」というなら、10年待ちましょう。

お子さんがプラス10歳になったときに、「アレルギーがつらいかもしれない。でもネコを飼いたいけどどうか」と相談してみてください。

親が決定することではありません。お子さんの意志が重要なのです。

ネコを飼うにあたり、不利益をこうむるのはお子さんです。そのお子さんが「それでも飼いたい! アレルギーでも猫を飼いたい!」と言ってから、やっと「ネコを飼うかどうか」の検討の準備が整った、と考えてください。

 

それでも、アレルギーが元々あると猫と接触することでアレルギーは悪くなります。

もう近くにいるだけで具合が悪くなるんですよ。吐き気がして。

自分ではどうにもならないことなんです。

 

これからアレルギーがあってもネコを飼える条件や状態についていろいろ書いていきますが、しっかり読んで、誰かが、そして猫が不幸にならないようにするのが、親の役目ですよ。

私だってまた猫が飼いたい。でももっと広い家に引っ越してからだな、こら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*